日本財団在宅看護センター 起業家育成事業

2019年度 募集要項・申請書

今後の助成に関する情報が欲しい方は、基本情報登録を行なって下さい。メールでご案内致します。

【助成応募期間】 2018年11月12日〜2019年4月30日
【応募方法】 インターネット申請
受講期間
2019年6月上旬〜 2020年1月下旬
募集人数
30名程度
受講料
40万円(テキスト代、実習・見学の出張費、学会参加費等含)
応募条件
(1)10年程度の臨床経験をもつ看護師。在宅/訪問看護の経験は問わず。管理業務経験があれば望ましい。
(2)・研修修了後、1年以内に自身が起業する方。
・既存法人に所属し、新たに在宅/訪問看護事業所を開設し管理者となる方。
・在宅/訪問看護事業所の管理者として、機能強化を行う方。
※修了後、「日本財団在宅看護センター」として運営管理をしていただきます。
提出書類・応募方法
(1)提出書類
・申請書 ・申請確認書 ・顔写真 ・看護師免許証の写し
(2)応募先・応募方法
笹川記念保健協力財団 助成事業ページ
(https://system.smhf.or.jp/app/login/)
上記【助成事業ページ】から基本情報登録後、提出書類をWEB入力・アップロードにより提出してください。
選 考
(1)一次選考:書類審査(書類審査に通過した方のみ、二次選考を行います。)
(2)二次選考:面接審査
[実施日]
随時相談の上、設定します。
[面接場所]
笹川記念保健協力財団(日本財団ビル)
(3)決定通知:審査結果は決定次第、メールにて連絡します。
(正式決定の通知は、2019年4月1日以降になります。)
選考後の手続きについて
(1)2019年5月下旬に実施予定のオリエンテーションにご参加ください。
以下手続きの詳細はご案内いたします。
(2)「取り決め確認書」を提出してください。
(3)指定の期日までに当財団が指定する銀行口座まで受講料(40万円)をお支払いください。※分割払い応相談。
(4)その他の受講の諸手続きについては、随時お知らせいたします。
支援制度について
本事業には受講時や起業時に各種支援制度があります。
 <受講時> 家賃補助、交通費補助
 <起業時> 起業支援、機材整備支援
 <その他> 建物改修、福祉車両整備
但し、各種支援制度には申請条件や審査があります。
詳細は受講決定者向けオリエンテーション等でご案内します。
応募要項、申請書
お問合せ
ご不明点は、「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業 事務局(smhf_home-nursing-cc@tnfb.jp)までお問い合わせください。